【レポート】2013年4月・6月ダージリン

Bookmark this on Google Bookmarks

神戸・三宮の「アーマッドティー&グロサリーショップ」より、
4月・6月に開催された紅茶教室レポートをお届けします。

《ダージリン》をテーマに4/19(金)、4/20(土)、6/15(土)と3日間、開催いたしました。

 

まず、ウェルカムティ-には、AHMADフルーツフレーバーティ― アップル

4月はホットで香り高く、蒸し暑くなった6月は爽やかに水出しでお出ししました。

 

さて、《ダージリン》は、日本人が好む紅茶として良く知られています。

インド北西部ダージリン地方の霧が多く寒暖差が大きい高地で栽培され、

希少性の高いお茶です。さっぱりとしたお味でスッキリ飲みやすいのが特徴です。

なので、ストレートで飲むのがお勧めですが、渋みが出てしまってなかなかおいしく味がきまらない・・・

と感じていらっしゃる方も多いようでした。

ティーインストラクターの前田先生によれば、ダージリンをおいしく淹れるコツは、

蒸らし時間を考え、それまでに準備をしておき、時間がきたら

なるべく茶葉を揺らさず迷いなく一気にでも優しく注ぎきる

ことだそうです。

デモンストレーション中の先生の手元をみなさん真剣にご覧になっていらっしゃいました

 

実習の前に、季節に合わせたアレンジティーを2つご紹介しました

1つ目は、桜の塩漬けを使った「さくらティー」です。

花びらが開いて香りが広がると、カップの中でお花見している気分になれます

透明なカップがお勧めです。

2つ目は、「ティースカッシュ」です。

紅茶と炭酸のきれいな二層のアイスティーはグラスにカラフルなフルーツを入れてもオシャレです

簡単で作ってみたくなるアレンジレシピはお客様にも好評でした

 

いよいよ2人1組になって実習です。(お1人参加の方でも紅茶好き同士自然と会話が弾みます

お湯をそそぎ、茶葉をしっかりジャンピングさせて蒸らし時間がきたら一気に注ぎいれます。

今回は、ポットからポットにそそぐ、ポットtoポットで淹れます。

参加されたお客様から、

「コツをつかんだら、渋みが出ずにおいしく淹れられた

「ダージリンのすっきりした味に驚きました

「いつもティーバッグで飲んでいるけれど、茶葉での淹れ方がわかって家でやってみようと思った

と言った感想を頂きました。

今回の使用茶葉は、AHMADキャッスルコレクション ウインダーダージリン

ご用意したお菓子はカステラと麦こがしです。

ダージリンは和菓子とも相性バッチリです。

 

お客様のご協力のおかげでテンポ良くあっという間の1時間が終了しました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました

 

次回テーマは《アイスティー》

7/12(金)、7/13(土)、9/14(土)に開催いたします.

お楽しみに

 

*フォトギャラリー*

今回ご紹介したアレンジティーです♪

237

教室の様子です↓

IMG_0690

実習のあとのアットホームなティータイム♪↓

IMG_0699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

お名前 *

Email

Website

Copyright (C) 2013 TOMINAGA BOEKI KAISHA, LTD. All Rights Reserved.